幼児 の習い事、教材は必要

お子さんの教育については、どなたも関心があります。私も子を持つ親です。特に幼児からの教育については関心があるところです。なぜなら刺激を受ける、受けないに関わらず、幼児の脳は3歳・4歳までに8割が完成し、10歳になると脳の9割が完成します。つまり10歳になるまでに良い刺激を脳に与えてやる必要があるのです。

では何をするのかというと、学校に入ってから読み・書き・そろばんが解る脳を作ることです。そのために基礎力を伸ばすのです。 聞く力、理解する力、推理する力、記憶する力といった知的能力を伸ばす、それが知育です。

このサイトでは、知育に役立つ教材を取り上げ、それぞれの内容を比較します。ただし教育費貧乏にはならないようにしてください。

■教材

幼児のおすすめ英語教材

英語は先進国の半数で使用されています。上場企業で輸出入をしている所では、英語検定を全社員に受けさせている所もあるくらい、英会話の知識は入社時における必要条件の一つになるかもしれません。ですから幼児英語教材選びは大事になります。
p

幼児のおすすめ通信教材

ノーベル経済学賞のヘックマン教授は、「3、4歳の時期に適切な教育を受けなかった子どもは、教育投資の効果が小さくなり、学習意欲を高めることは難しく、効果は限定的なものになる」と云いました。
p

お母さんの英会話

お母さんの為の英語の教材を紹介します。2020年には東京にオリンピックがやってきます。既に外国からの観光客は増えてきています。そんなことを思うと、簡単でもいいから英会話が出来たらいいなと思います。
p

■玩具

幼児におすすめの白木のおもちゃ

知育玩具は、幼児や児童の知能的発達を促進し情操教育の助けになる道具の一つです。知育玩具は、考える事や表現する事を通じて、知能全般の発達を促す事を目的としています。
p

知育玩具の口コミランキング

楽天ショップの口コミランキングです。口コミの多い順に表示されています。リンクはその商品には飛びません。詳しく知りたい方は、楽天ショップの中で商品の検索をしてください。
p

■教室

インターナショナル幼稚園で
英語教育

表題に「インターナショナル幼稚園で英語教育」とありますが、私はお子さんをインターナショナルに通わせることに反対です。幼稚園だけで止めてしまえば、英語は忘れます。このことは多くの経験者がいっています。p