イギリス

2014.9.19 午後2時過ぎ、イギリスの公共放送BBCより、スコットランドのイギリスからの独立の賛否を問う住民投票で、独立反対の票が投票総数の過半数に達して反対派の勝利が決まり、スコットランドは独立しないことになったとの報道がありました。

今回の騒動で最も利益を上げたのは、もちろんスコットランドの人々です。もし独立していたら、イギリスの看板で世界との仕事ができなくなるところでした。看板の威力を知らないんですね。

イギリス本土との収入格差は70%だったそうですが、これも少しは解消されるでしょう。
北海油田の税収入はほとんどが本土に行っていたとのことでしたが、この税収の割合が変わることになるでしょう。目ざとい日本の商社マンの方々は、スコットランドに目が行っていることでしょう。

イギリスは原子力潜水艦が4隻ありますが、その寄港場所がスコットランドにあったので、スコットランドが独立していたらイギリスの軍事力はかなり低下しただろうと思います。なにしろ他に持ってゆく場所が無いでしょうから。

それにしても今回の騒動は日本人に、民主主義とはどうゆうものか示してくれました。
ヤフーニュースで
[スコットランドの独立賛成派を率いるサモンド自治政府首相は19日、支持者を前に演説し「スコットランドの人々の民主的決定を受け入れる」と述べ、敗北を認めた。]
とありましたが、全ては民意なのです。しかも潔くそれに従い後になにも残さないのです。

見習いたいものですね!


仮想専用サーバー
こちらは、このサイトがお世話になっているレンタルサーバーです。電話での対応が素晴らしく、普段なら有料でなければ教えていただけないことも、親切丁寧にアドバイスしてくれます。