バケツ

アイス・バケツ・チャレンジが流行りだしてもはや3ヶ月ほど経つ。アメリカで消防士のトニー・グライダー(Tony Grider)さん(41)が20日に死亡したとの報道があった。もともとの趣旨は「筋萎縮性側索硬化症 (ALS) の研究を支援する」だそうだが、もちろんALSの認知度も上がり、寄付金も前年対比数百倍だそうで、こちらは大成功でしょう。

ただ死者を出すようなことにまでなった今回のパフォーマンスは、いかがかなものだろうか。

ボランティアの定義では、「お金のある人はお金を出してください。お金は無いけど少々のお手伝いする時間のある方は、どうか手伝ってください。」のはずですよね。そうです、不特定多数の方にお願いをしているだけです。すべては本人の意思にゆだねられています。ただ今回のパフォーマンスは誰かを指名するというもので、どこか無理があると思います。

芸能人の「北野たけし」さんは「氷水バケツ」を拒否していましたが、人気商売の芸能人の方が拒否しているのですから、本当に考えさせられます。
そして、僕も氷水はかぶりません。


仮想専用サーバー
こちらは、このサイトがお世話になっているレンタルサーバーです。電話での対応が素晴らしく、普段なら有料でなければ教えていただけないことも、親切丁寧にアドバイスしてくれます。