イスラム

米がシリア領内の「イスラム国」に空爆、中東5カ国も参加した模様。
米国防総省のカービー報道官が米東部時間の22日夜(日本時間23日午前)の声明で明らかにした。

ひそかに問題になっていることは、イスラム教徒のアメリカ国民が「イスラム国」へ移動することで、アメリカはそれを止めることは出来ないでいる。
自由と人権がお国是のアメリカには絶対にできない。

憲法で高らかに人権擁護を歌い上げてる国は、元々欧州で弾圧にあっていた人たちによって作られた。作られたというと格好がいいが、先住民のインディアンを追い出して勝手に住みついたというほうが正しいでしょう。そして、もう弾圧されたくないから人権をやけに大事にしようとする。

だが不思議なことに、ついこの間までアメリカにいた、イスラム人の居る「イスラム国」に空爆をした。人権擁護はどうしたのだろうか、人権擁護は世界に向けて宣言していることではないのか。アメリカ人にあらずば人にあらずか、罪人にも人権擁護があるというのに、全く理解できない空爆である。

仮想専用サーバー
こちらは、このサイトがお世話になっているレンタルサーバーです。電話での対応が素晴らしく、普段なら有料でなければ教えていただけないことも、親切丁寧にアドバイスしてくれます。