bord

インターナショナル幼稚園で英語教育

大事な話です

表題に「インターナショナル幼稚園で英語教育」とありますが、
私はお子さんをインターナショナルに通わせることに反対です。

幼稚園だけで止めてしまえば、英語は忘れます。
このことは多くの経験者がいっています。

また、日本の小・中学校に上がってから精神的に苦労するという話も本当です。

幼児期に受けた中途半端な英語環境のせいで、
自分自身を思っているように表現出来ないのです。

これは言語の発達の遅れです。日本語も、英語も中途半端なのです。

これによるストレスはいかほどのものでしょうか。

自傷行為、暴力的な行動、その他の問題行動の引き金になる可能性があります。

人間にとって、母国語をしっかり身につけること、それによって母国と深く係わり、自己の確立をすることが、どんなにも幸せなことでしょう。

国際社会における幼児の英語教育は、小学校、中学校での英語教育で、
他国語への違和感をなくすためのものぐらいの気持ちでよろしかと思います。

最近の英語教室は、英語というツールを使った人間形成の場になってきています。

それが知育です。

「幼児から英語の教育は必要か」というサイトでも云っています。


この記事をご覧の方は下の記事も見ています