Category Archives: ペット

動物愛護管理法を読んでみた

「動物愛護管理法」概要に載っていた、「罰則」

これより環境省のホームページより引用

■虐待や遺棄の禁止
愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→2年以下の懲役または200万円以下の罰金
愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
→100万円以下の罰金
愛護動物を遺棄した者
→100万円以下の罰金

※愛護動物とは
1 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
2 その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

  1. 虐待の禁止
    動物虐待とは、動物を不必要に苦しめる行為のことをいい、正当な理由なく動物を殺したり傷つけたりする積極的な行為だけでなく、必要な世話を怠ったりケガや病気の治療をせずに放置したり、充分な餌や水を与えないなど、いわゆるネグレクトと呼ばれる行為も含まれます。

     なお、食用にしたり、治る見込みのない病気やけがで動物がひどく苦しんでいるときなど、正当な理由で動物を殺すことは虐待ではありませんが、その場合でもできる限り苦痛を与えない方法をとらなければなりません。

  2. 遺棄の禁止
    動物の飼い主の責任には、動物を正しく飼い、愛情を持って扱うことだけでなく、最後まできちんと飼うことも含まれます。飼えないからと動物を捨てることは、動物を危険にさらし、飢えや乾きなどの苦痛を与えるばかりでなく、近隣住民にも多大な迷惑になります。また、近年は、日本の自然に生息していなかった外来生物が野外に放たれ、それによる農業被害や生態系破壊が大きな社会問題になっています。

引用はここまで。

※皆さん、ペットショップで子供のうちに売れなかった犬猫はどうなると思いますか。
ペットショップで飼い続けると思いますか。

実は行き先があります。

1、ペットショップの店員の知り合いに譲る。
2、保健所、もしくは動物愛護センター(自治体にある)にて約30万匹殺処分。
3、製薬会社などに動物実験用に引き取られる。
4、手術の練習台になる。(獣医又は獣医の学校)

ペットショップは、将来何割かは殺処分か、薬ずけか、切り刻まれるの知ってて販売してます。

罰則の項目に、「業者も個人も将来にわたって、その愛玩動物の生を見届けなければならない。」などを盛り込んではいかがでしょう。

実験用の動物を、輸入に頼らなければならなくなる医療関係が困るでしょう。そうなると、企業についている政治家と役人が困るでしょう。

殺処分をゼロにしたいと云っている方が多くいますが、その方々に良い方法をお教えします。どうか総理大臣になって法律を作ってください。役人に作らせるのではなく、自分で作るのです。どうかお願いします。

良識ある多くの一般市民の願いです。